エクステリア

スタイルに秘めたエレガンスとラグジュアリー

特徴的で唯一のクアトロポルテのデザインは、優美とスポーツ性の調和のとれた融合で明らかな緊張感を生み出します。クアトロポルテのデザインは、マセラティの重要なスタイルポリシーである、魅力的なフォルム、ダイナミックなライン、およびイタリアの優美によって想起されています。


際立つエクセレンス

クアトロポルテは極めてダイナミックな流線型のアピアランスを受け継ぎ、歴代モデルの伝統を継承するのにふさわしい1台となっています。クアトロポルテでまず目を奪われるのは、そのフロント スタイルです。マセラティ伝統のオーバル グリル、造形的なボンネット、そしてLEDを採用したフロント ライトなどが、クアトロポルテであることが一瞬でわかるフロント スタイルを特徴づけています。


 

マセラティの最高傑作の出発点ともいえるのが、独特のフロントです。ふくらみのある縦型スリットを持つ伝統のグリルには、マセラティのスタイルを象徴するモデルの一つ「ベルリネッタA6 GCS」に対するオマージュがあらわされています。堂々とした印象を与えるフロントマスクには、LEDポジショニングライトを組み込んだ新型のヘッドライトユニットが装備され、その表情を際立たせています。フロントフェンダーの後ろには、定番ともいえる3連エアベントが配置され、そこからリアコンビネーションライトクラスターまで続く、美しく力強いカーブによって、シームレスなボディラインを形成しています。

テクノロジー

最先端のテクノロジー

マセラティ クアトロポルテの強力な出力を生み出すのは、330ps(243KW)を誇る画期的3リットル ツインターボV6エンジン。クアトロポルテの代名詞ともいえる驚異的なスポーツ性能はそのままに、消費燃料と排出ガスがさらに低減されています。


心を鼓舞するパフォーマンス

この330ps(243KW)を誇る画期的3リットル ツインターボV6エンジンには、特別に設計されたカムシャフトとインジェクターに加え、専用のタービン マッピングとカスタマイズされた電子制御システムも採用。これらの改良によって消費燃料がいっそう制限され、魅力的なスロットル レスポンスを一切損なうことなく、この車の多様な性能が最高潮にまで高められています。

 

そのパワーがいつも目の前に

最先端の構造を取り入れたZF社との共同開発による8速オートマチック トランスミッションは、徹底的な軽量化が達成されながらも、正確なギアチェンジと無類のパフォーマンスを発揮します。実際に、新型8速トランスミッションは、かつてのクアトロポルテに搭載されていた6速バージョンよりも4.0kgもの軽量化を実現しています。オートマチックトランスミッション8速は消費燃料を低減し、長時間の高速走行でも快適性が向上するよう特別に開発。油圧式ギアボックスは、現在全てのマセラティモデルに標準搭載されているトランスミッションECUによって自動制御されています。


デュアルキャスト ブレーキ

クアトロポルテのブレンボ製ブレーキシステムは、すでに同レンジのモデルで導入されている最先端のテクノロジーが反映されています。そのテクノロジーと車両特性との融合を図り、その効果を極めて効率よく、そしてスムーズに発揮できるよう設計されています。マセラティが世界で初めて採用した、鋳鉄の強度とアルミニウムの軽さとを組み合わせたデュアルキャスト タイプのブレーキディスクがバネ下重量を低減。制動力は効率性を高めた一体鋳造型キャリパーによってそのブレーキディスクへ確実に伝えられます。


パーソナライゼーション

類を見ない高級感

無類の高級感こそがクアトロポルテの価値の中心を占めるもので、それゆえに、他に類を見ないバラエティに富んだインテリアが用意されています。ダッシュボードセンターパネルは、トランスミッショントンネルやドアパネルと同じように、厳選された5種類のファインウッド材のインテリアトリムから選んで仕上げることができます。オープングレイン加工が施されたラディカのウッドが新たに加わりました。豊かな節と木目の模様が生かされ、触り心地に優れた素材です。標準トリムにはラディカが使用されています。洗練された木目が特徴の新鮮なカエデ材から作られおり、豊富なインテリアカラーとも自然に調和するグロス加工が施されています。その他にも、タンガニーカとエボニーをオプションとして取り揃えています。


高度な技術と安全性

シャシーとボディの構造に大量のアルミニウムを使用することで、大幅な軽量化を実現。特殊な鋼鉄をつかった強化構造も採用し、優れたねじり剛性を生み出しています。

究極のパフォーマンスと快適性

最新の常時減衰変動ショックアブソーバーを備えた、最新バージョンのスカイフック式電子制御システムを搭載。よりダイナミックなハンドリングが必要なときは、センタートンネルのサスペンションボタンを押すだけで、スポーティなドライビング時のロール特性を最適化します。


バウワース&ウィルキンス・プレミアム サウンド システム:コンサートホールの臨場感

マセラティ ギブリにオプションとして用意された、コンサートホールを再現したような臨場感に迫る音響効果を提供する新世代のプレミアムサラウンド システムは、ハイエンドサウンドのスペシャリストである Bower s & Wilkinsと共同開発。16 チャンネルの1,280Wアンプを搭載したこのシステムは、音源の配置を徹底して研究することによって、車内のインテリアデザインに完璧に調和しています。スピーカーは、ダッシュボード、各ドアおよびリアシェルフに15 個配置。車内の高級感を損なうことなく、究極の音響を届けます。

人間工学に基づいて設計されたステアリング

ひとたびステアリングを握れば、ドライバーは無類の信頼性と操作性を体験できます。人間工学に基づいて設計された3スポークの本革巻ステアリングには、主なマルチメディア機能を操作できるボタンや、スポーティに仕上げられたアルミ製シフトレバーが装備されています。そしてステアリングの奥には、シンプルながらも視認性に優れたインストルメントパネルがあります。ホワイトのバックライトがエレガントな特大のスピードメーターとタコメーターの間には、車両の様々な走行データーを表示する7インチTFT液晶ディスプレイが装備されています。

エルメネジルド ゼニアを纏ったマセラティ

イタリアンスタイルの象徴「マセラティ」と「エルメネジルド ゼニア」の両ブランドのパートナーシップにより誕生した『クアトロポルテゼニア エディション』。ゼニアデザインによる特別な塗装と素材、そして贅沢な生地を使用したハイパフォーマンスを堪能できるイタリアンラグジュアリーサルーンです。

伝統的なものと現代的なものとの融合から生まれたラグジュアリー

あたたかみのあるソフトモカやグレージュレザーの色調、新しいチタニウム加工素材やくるみ材により仕上げられたアンティーク調のサテン仕上げインテリア・トリムなどが全て一体化し、卓越した高級感と調和のとれたインテリアを実現しています。また、モカやグレージュといったクラッシックで暖かい色調は、ゼニアの最新メンズファッションコレクションが誇るフォーマルで洗練された特色を、現代的に再解釈し自動車内装用のファブリックとして開発されたものです。

インテリア

ダッシュボード:機能性とデザインの調和

ダッシュボードは、上下3段に分割されており、視覚的に広々とした印象を生み出しています。直感的に操作できるコントロール類は、機能性とデザイン性との調和を両立させながら配置しています。ダッシュボード中央に取り付けられた8.4インチのマセラティ タッチ コントロールの大画面は、最先端のエンターテイメント テクノロジーのコントロールパネルとして機能し、車に搭載された多くの機能を手軽に操作できます。併せて、シフトギア レバー横のセンター トンネル上にも操作ボタン類を集中的に配置しています。


ハーマン・カードン・プレミアム・サウンド・システム

カーオーディオシステムに「ハーマン・カードン」ブランドを新たに採用。10個のスピーカーと900Wアンプをベースとする抜群の出力と音質を提供します。システムは車内の構造を十分に考慮して設計されており、デジタル機能を駆使することにより、車内のどこに座っていても、臨場感あふれるオーディオを楽しむことができます。


人間工学に基づいて設計されたステアリング

ひとたびステアリングを握れば、ドライバーは無類の信頼性と操作性を体験できます。人間工学に基づいて設計された3スポークの本革巻ステアリングには、主なマルチメディア機能を操作できるボタンや、スポーティに仕上げられたアルミ製シフトレバーが装備されています。そしてステアリングの奥には、シンプルながらも視認性に優れたインストルメントパネルがあります。ホワイトのバックライトがエレガントな特大型のスピードメーターとタコメーターの間には、車両のさまざまな走行データを表示する7インチTFT液晶ディスプレイが装備されています。


ゆとりの空間

クアトロポルテの車内に広がる快適さは、決して感覚的な印象ではなく、車内スペースの確保とシート配列に特別な注意が払われたことによって生み出されています。長めにとられたホイールベースによって、後部座席の足元の空間は同じカテゴリーの車の水準を超えたゆとりをたたえ、さらに大容量のラゲッジルームも確保されています。


人間工学に基づいて設計されたステアリング

フロント シートは、最高級のポルトローナ フラウ® 製のレザーシートを採用しています。人間工学に基づいて設計された身体を包み込むようなラップアラウンド形状と、激しい走行にも耐える優れたサイドサポートサポートを組み合わされることで、あらゆる走りのシーンで、際立った快適性を提供します。すべてが電動化され、シートの高さとスライド量、シートバックの角度が最適な位置に調整できるだけでなく、4段階のランバー サポート システムや、新採用のペダルポジション調整機構も装備されています*。このシステムは2名分の設定を個別に登録でき、その中にはドライバーのシートポジションだけでなく、ステアリング、ペダル、ドアミラー位置の設定も含まれています。さらに、フロントシート、リアシートとも、シートヒーター機能が標準で搭載されています。温度はダッシュボード中央にあるマセラティ タッチ コントロールの画面を使って2段階の設定が可能です。シートの前面と後面の中央部にはパンチングレザーが張られ、シートの通気性を向上させています。


    スペック


    寸法および重量
    全長 5,270 mm
    全幅(ドアミラー含まず) 1,950 mm
    全高 1,470 mm
    ホイールベース 3,170 mm
    フロント トレッド 1,635 mm
    リア トレッド 1,645 mm
    フロント オーバーハング 975 mm
    リア オーバーハング 1,125 mm
    トランク容量* 530 l
    燃料タンク容量* 80 l
    車両重量 1,970 kg
    エンジン
    シリンダー数・形式 60°V 型 6 気筒ツイン・ターボ
    総排気量 2,979 cc
    ボア 86.5 mm
    ストローク 84.5 mm
    トランスミッション 8速 AT
    圧縮比 9.7:1
    最高出力 330 ps (243 kW)
    最高出力発生エンジン回転数 4,750 rpm
    最大トルク 500 Nm
    最大トルク発生エンジン回転数 1,600 rpm
    パフォーマンス
    最高速度* 266 km/h
    0 ~ 100 km/h 加速* 5.6 s
    消費率・CO2排出
    燃料消費率 - 複合サイクル(L/100 km) 9.8
    燃料消費量 - アーバン サイクル(L/100 km) 14.2
    燃料消費量 - エクストラ アーバン サイクル(L/100km) 7.2
    CO2 排出 - 複合サイクル(g/km) 228
    CO2 排出 - アーバン サイクル(g/km) 330
    CO2 排出 - エクストラ アーバン サイクル(g/km) 167